海外ホテル探しのコツ

海外旅行で宿泊先を決めるのは難儀なこと。

Google
Hot Entry
海外ホテル探しのコツ

海外旅行で宿泊先を決めるのは難儀なこと

海外旅行で宿泊先を決めるのは難儀なこと。語学スキルに自身のない方には、ホテルがツアー・パッケージに含まれているものをお薦めする。現地に精通したツアーコンダクターが同行するものがよいだろう。申し込み前に、ベッドメイキングは毎日行われるか、シャワーは温水かなど不安に思うことを確認することである。
また、ホテルそのものは問題なくてもロケーションが寂しい場所にあるとか、暴力沙汰の絶えないエリアに建立されていないかなど、国内代理店を通じ事前に確認しておくことだ。
かくいう私も、初めて渡航する国ほど宿泊先のホテルの選定に気を遣う。旅行代理店のスタッフを通じ、最新の情報にアンテナを張り、一方で実際に宿泊された方の口コミ情報に目を通す。食事は、ベッドは、衛生は、アクセスは?等。口コミ情報もいいことづくめの内容より、短所もきちんと挙げているコメントの方が信憑性がある。マイナスに挙げたサービスが、即座に改善されるとは考えにくい。寧ろ、こういう短所があるのかと知っておき、許容範囲か否か峻別することだ。到着してからの落胆より、出発前の覚悟である。
日本の代理店の方は、懇切丁寧に顧客の期待に応えようと動いてくれるが、対応内容にも限界があることを理解すること。ホテルが自分にとって当たりかハズレかは人それぞれ違う。ましてや海外だと日本並みのキメ細かいサービスはないものと腹をくくるくらいでいいかもしれない。
それらを踏まえた上で、自己責任で申し込むこと。覚悟がなければ行かないことだ。もっとも、旅先のちょっとしたトラブルも、「あのときあんな事があったねぇ」と案外笑って話せるタネになるものだ。

Copyright 2017 海外ホテル探しのコツ All Rights Reserved.